ワキガの原因。

ワキガ,原因

ワキガの原因とはいったい何なのでしょう?
ワキガの臭いは汗臭いなどとは違う、独特の不快な臭いがあります。
これは汗が原因ではあるのですが、もともと汗自体には臭いはないのです。
体内から出る汗、その汗がでてくるところが汗腺といいますが、汗腺には、「エクリン腺」とアポクリン腺」があります。
「エクリン腺」はからだの部位によって密集度は異なりますが全身にある汗腺です。
エクリン腺からでる汗は基本においはしません。
皮膚上でタンパク質や菌と反応することで汗臭い臭いを発することはありますが、ワキガの原因ではありません。
一方、アポクリン汗腺はワキや陰部などにのみある汗腺です。
アポクリン腺から出る汗には脂質、タンパク質、糖質、アンモニアなどが含まれます。
アポクリン腺から出る汗自体も最初は無臭ですが、その汗が皮膚上の常在菌と反応することで鼻をつくような臭いを発します。
ワキガはアポクリン腺が多いか少ないかの体質によるものとなります。
これは、遺伝的なものが大きいのです。
また、一部、ストレスや食生活による生活習慣的な原因も認められます。

 

一番の原因は遺伝によるアポクリン腺の量なのです。

 

ただし、ワキガ体質だから「ワキガ」であるということでもありません。
日本人ではおよそ10人に1人が「ワキガ体質」といわれています。(欧米人はほぼ全員がワキガ体質です)
ところが普段の生活で10人に1人もワキガだと感じられる人がいるでしょうか。
それほどいないはずです。
ワキガ体質でも正しいケアをすることで問題ない場合もあります。
ワキガ体質でも軽度から重度からあるため清潔にしたり臭いケアをきちんとすることでワキガの臭いを発することなく生活することも可能なのです。

 

まず、ご自身がワキガなのではと感じられる場合はデオドラントと衛生面、食生活などの生活習慣から気を使ってみることで改善はできるはずです。

 

ただし、重度の場合には、レーザー治療や手術などの外科的な治療方法もあります。
ワキガはカラダのコンプレックスでも非常に大きなものです。
特に学生時代などの思春期の時期が代謝もよいので汗もかきやすく、自分でケアの方法もよくわからない状態なので、一番苦しいかと思います。
できれば、ご家族が気にしてあげるですとか、本人でどうにもできずに苦しむ状況を作らないようにしてあげることも大切かと思います。
大人であっても、体臭の問題は大きく、なかなか対策が難しいものです。
ご自身の状態を鑑みて、適切に対策をしていきましょう。